ピアノ先生ブログ

2017年7月のお便りから

2017-06-18

 

南アフリカに1年に1度だけ、広大な花畑が

現れる土地があるそうです。それはそれは見事な大自然が作る花畑で、「神々の花園」と呼ばれているそうです。 その幻の花畑に魅せられて写真を撮り続けている写真家、澤野新一朗さんがこんな詩を書いておられます。

 

花たちは

だれかにみてもらおうなんて

肩をはらない

花たちは

だれよりも美しく咲こうなんて

争わない

花たちは

お天道さまに向かって

静かに微笑んでいる

 

山田詩乃著

『南アフリカ 神様の花園へ ~魂のふるさとを訪ねる旅~』より

発表会に出る子どもたちも、それぞれ特別な

個性を持った花たちです。だれかにほめてもらおうとか、だれかより上手に弾こうとか思わずに、ただただ舞台の上で音楽の神さまに身を

ゆだね、音楽を楽しんでくれたらと願います。

 

毎年、舞台の上には本番の魔法がかかります。

今年もどんな奇跡が起こるか、楽しみです。


2017年発表会のお知らせ

2017-06-18

今年の発表会は7月2日(日)です。いよいよ2週間前になりました。

発表会は日頃の練習の成果をお客様に聴いていただく年に1度の舞台です。

今年から入会されたお友だちも何人か、発表会デビューされます。

みんな一生けんめい練習中です。

あと一息、お家の方の応援をよろしくお願いします。

まだ出られない「こびとのへや」のお子さんもどうぞ聴きにいらしてください。そしていつか

発表会に出てくださいね^^

 

今年のゲストは「池田ジュニア合唱団」の皆さんです。小学生から中学生の子どもたち30人が私たちの発表会に素敵な歌声を届けに来てくれます。「こころを歌声にのせてとどけよう」

「からだいっぱいに歌う楽しさを表現しよう」をモットーに池田市で活動されています。

指導されているのは、しぶやかよこ先生。私の友人でもあり、私は以前ピアノ伴奏を勤めさせていただいていました。

同年代の子どもたちが生き生きと歌う様子はきっとピアノの生徒さんたちにもいい刺激になるでしょう。音楽の基本はやはり「うた」です。どうぞお楽しみに。


赤ちゃんのように

2017-06-18

赤ちゃんってすごいなぁと思います。

両手両足を広げて世界の全てを受け入れている赤ちゃん。全てが素晴らしいのですが、特に

歩き始めの赤ちゃんって素晴らしいですよね。

 

彼らは一瞬たりとも

「失敗したらどうしよう?」とか

「ぼくは歩けないんじゃないか」とか

考えていません。自分がいつか歩けるようになることを信じきっています。そして何度こけてもこけても笑顔で立ち上がり、またチャレンジするのです。

 

大人はもちろん、既に赤ちゃんではない子どもたちもこんなことはすっかり忘れています。

そしてちょっとできないとイライラしたり不安になったり。そんな時は歩く練習をしている

赤ちゃんのことを思い出してみましょう。

そして「わたしはいつか必ず弾けるんだ」と

信じて練習しましょう。こけても笑顔で^^

 


ブータンの子どもたちから学ぶ

2017-02-09

山元加津子さん(通称かっこちゃん)という、元養護学校の先生の記事より。

心に響いたのでシェアします。

 

ブータンの学校に行ったときに、女の子や男の子に「いじめはありますか?」と尋ねました。「いじめってどんなこと?」ということで「一人だけをのけものにしたり、ものを隠したり、ひどいことをみんなで言うこと」というと、ブータンの少年は不思議そうな顔で私に、「どうして、なんのためにそんなことをするの?」と聞きました。「そんなことをしたら、自分のことが好きになれない。好きになれなかったら、誰のことも幸せにできない。自分も幸せに生きれない。どうしてそんなことをするの?」と尋ねられました。そして、ブータンには泥棒がいないとガイドさんが言いました。どうして?と尋ねると「そんなことをしたら、自分が恥ずかしいでしょう。そしてそんな自分を誇れない」と。私たちも昔、「誰が見ていなくても、お天道さんがみておられる」と言いました。少年の言葉にもガイドさんの言葉にも涙が出ました。そして、泥棒やいじめがあっても当たり前のように思っている自分が恥ずかしくなりました。私も自分を好きでいたい。自分を誇りに思いたい。自分に恥じないことをしていきたいと思いました。


プレゼント選び

2017-02-09

「ピアノのへや」の生徒さんには

『ピアノのあゆみ』という表を作り、

毎回のレッスンの度に練習した日の数と曲が合格になった数のシールを貼っています。

シールが100枚貯まると『100枚目のプレゼント』といってひとりひとりの好みに合わせた

ちょっとしたプレゼントをお渡ししています。

その「プレゼント選び」が楽しいんです^^

ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、これがいいかな、あれがいいかな、とその子の喜ぶ顔を

思い浮かべて予算内でプレゼントを選んでいきます。けっこう長い時間悩む時もあります。

このプレゼント選び、実は曲選びにも繋がっている、と最近気づきました。

ひとりひとりの顔を思い浮かべながらプレゼントを選ぶ作業が、その子の個性に合った曲を選ぶ時に役に立っているのです。

 

今年もひとりひとりのいい思い出になる

発表会にしたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1 / 8412345...102030...最後 »

Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com