ピアノ先生ブログ

2019年6月のお便りより

2019-06-12

赤ちゃんは生まれた時から歌を歌っています。ふにゃふにゃした喃語はまるで、歌のようです。幼い子どもは気がつくと、何かの言葉をメロディのように口ずさんでいたりします。  人間は本能的に歌うことを知っている 生物なのだと思います。子どもたちは習う前からすでに歌っています。  そんな子どもの生き生きとした感性を、そのまま伸ばしていきたい。これが私の原点です。 音符が読めてピアノの鍵盤に並べていくのが音楽ではありません。   この頃はレッスンの最初に「ピアノでおはなし」というのをやっています。生徒さんが3つの音を弾き、私が3つの音で答え、というのを交互にやって、終わりを見つけます。黒鍵だけを使うと誰でもできます。3才の子どもたちともやりました。これは音楽で会話ができるということを体感してもらうプログラムです。    先日、大学を出てから初めて、私がレッスンを受けたい先生に出逢いました。その先生はピアノから極上の音色を取り出す仕組みを教えてくださるのですが、その前提に「哲学」をお持ちでした。 「音楽(musica)とは宇宙(musica munndana)、生命(musica humana)、形(musica instrumentalis)をリズム、メロディ、ハーモニーを使って波動に変換する芸術である」  そしてレッスンする人の心得として  ① 目の前の人の心を理解する。 ② 目の前の人の幸せを考える。 ③ 世界で一番学ぶべき人間は自分だと忘れるな!! と教えてくださいました。 こんな師に出逢うことができてラッキーです。私自身がもう一度学びを深め、生徒さんたちに還元していきたいと思います。 音楽は楽しくなくっちゃ!


2019年4月のお便りより

2019-06-12

【ゆっくり育つ】 人間は他の哺乳類に較べて成長が遅いですね。これには意味があるそうです。ゆっくり発達することで脳が細かく高度に分化し、その構造を複雑化するので独自の能力をもつことができるのだそうです。  人間はすぐに完成してしまわないようにできています。思考・感情・行動の動きの最終パターンをすぐに脳に刻み込まないようにできているために、きわめて複雑な能力を発達させ、一生を通じて新しい、より大きな脳力を獲得していくことができるのだそうです。  つまり、「ゆっくり」ということは子どもの成長に欠かせない要素なのです。子どもが新しい能力を身につける初期の段階では、脳の新しい回路の繋がりが弱く、その状態はその新しい能力が定着する、つまり子どもが学んだことを自在に扱えるだけの構造が脳にできあがるまでは、「ゆっくり」と「やさしく」が欠かせないそうです。 ~『限界を超える子どもたち』アナット・バニエル著より~    最近出会ったこの本は主に特別な支援を必要とする子どもたちへのアプローチが書かれていますが、健常な子どもの子育てにもヒントになることがたくさんあります。 ピアノを弾くという動作はまさに「脳に新しい回路を作る」行為です。そこでこのバニエル氏の考察が大いに参考になります。 また、子育て中に次のような時間を持っていたら、子育てがもっと楽しく、子どもといい関係になっていたことだろうと若干の後悔をもって思います。 子どもとただいっしょにいる ・1日に10分間、子どもとただいっしょにいる時間を作ります。 ・この10分間は課題を設けず、ふたりで「ゆっくり」の感覚にひたります。 ・この10分間は子どもがリーダーです。 スマホの電源を切り、パソコンから離れ、本を脇に置き、テレビを消します。料理も掃除も、子どもの世話もしません。安全を確保し、子どものしたいようにさせます。子どもがぶらぶらしているようなら、いっしょにぶらぶらします。 慣れないうちは難しいと思うかもしれませんが、すぐに満ち足りた気分になると思います。私たちは「ゆっくり」を行うように設計されているからです。 ~『限界を超える子どもたち』アナット・バニエル著より~ 新しい学期の始まりにあたり、ひとつ深呼吸 して、「ゆっくり」の大切さを思い起こしてみてはいかがでしょうか。


2017年12月のお便りから

2017-11-21

【イメージを持ってから弾くこと】

最近、高学年の生徒さんたちに「絵を描くように」という話をしています。
絵を描く時、まっ白い紙にいきなり描きなぐる、なんてことは赤ちゃん以外はしませんね。まず何をどこにどんな色でどんな風に描こうか考えて描き始めます。

音楽は空間に音で絵を描くようなもの。いきなり何も考えずに音を出すのではなく、どんな音色でどんな速さでどんなイメージで音を出すか考えてから弾くことが大切、とお話しています。この視点で弾くと、確実にみんな弾き方が変わります。

まず、イメージを持って音を出す。これだけで確実に演奏が変わり、表現力がついてきます。
ぜひ取り組んでみてください^ ^

さて、今年もあと1か月になりました。
恒例のクリスマス会で締めくくりたいと思います。今年はいつものレッスン室で行うため、2部に分けることにしました。よろしくお願いします。


2017年11月のお便りから

2017-11-21

【楽譜用めがね】

 このごろ、子どもたちに「楽譜用メガネ」のお話をしています。レッスンでしていることの1つは、この「楽譜用メガネ」を一緒に作っているのです。目には見えないこのメガネは、1度作ってしまったら一生使えるというスグレモノです。
 楽譜には音とリズムの他にもたくさんのことが書かれています。作曲家は頭の中に浮かんでいる音楽を紙に書き表すのですから、大変なことだと思います。強弱、音の表情、といったことのみならず、全体を見てどこに同じところがあるか、とすればどんな風に弾いたらよいか、フレーズはどこまでか、右と左の関係はどうなっているか、和音の進行はどうか、前の音とどこが同じでどこが違うか、などなど。楽譜から読み取れることは実に様々です。それらを全部自分で読み取り、なおかつ自分のセンスで音楽を再現していくのです。
 この「楽譜用メガネ」をうちに通って来てくれている間にある程度完成させ、自分で楽譜を見て弾けるようになって欲しいのです。ただ音やリズムだけならコンピューターの方が得意でしょう。けれどその背後にある音楽そのものの心を読み取ることは人間にしかできません。毎日楽譜を見ていても、まだ気付かないことが隠れていたりするものです。
 みんな特注の「楽譜用メガネ」をしっかり作っていきましょうね^^

【クリスマス会のお知らせ】

 先月もお知らせしましたが、来る12月23日(土祝)に「ピアノのへや」にてクリスマス会を開きます。今、子どもたちにソロか連弾か合奏かを選んでもらっていますが、どうしても参加できない方がおられましたら至急ご連絡ください。特に合奏を選ばれた場合、他のお子さんのご迷惑になりますので、よろしくお願いします。

 先日、ハンガリーとチェコの旅に行ってきました。クラッシック音楽の故郷を訪ねる旅でした。ハンガリーではこびとのへやで歌っているハンガリーの子どもの歌やリストやバルトーク、コダーイといった作曲家の足跡を辿り、チェコでは「モルダウ川」にかかる橋の上で「モルダウ」の歌を歌い、その作曲者スメタナやドボルザークのお墓にもお参りしました。そして毎晩のようにコンサートや歌や踊りのショ―を体験してきました。小学校2年生の音楽の本に載っている「花のポルカ」もチェコの民謡です。クリスマス会でもこの曲を合奏してみたいと思います^^


2017年10月のお便りから

2017-11-21

「ハンマー・ダルシマー」という楽器をご存じ
ですか?箱型の共鳴体に張られた多数の金属製の弦を
ばちで打って演奏する楽器です。
 ピアノは鍵盤を下げると中でハンマーが上がって
下から弦を打って音を出すのでしたね。そう、つまり
ハンマー・ダルシマーはピアノのご先祖楽器、
というわけなのです。これに鍵盤を組み合わせたのが
ピアノです。17世紀の終わりに、イタリアの
クリストフォリという人が発明したのです。
 いつも子どもたちにピアノの中を見せて「ハンマーが
弦を気持ちよく響かせるように打ってね」、と言って
います。
 友人にこのダルシマーを演奏する方がいます。
和歌山でピアノを教えておられる木下加寿子先生です。今年のクリスマス会には木下先生がダルシマーを持って来てくださることになりました! 
 というわけで今年のクリスマス会は例年どおり12月23日(土)を予定しています。
場所はまだ未定ですが、今年は低学年(2年生まで)と高学年(3年生以上)に分けていつものレッスン室で行おうかと考えています。ちょっと狭いのですが、おやつタイムは2階のリビングに上がっていただこうかと思っています。あとは室内でできるトランプやボードゲームをしてお互いに仲良くなれたらと思っています。

ピアノのへやのクリスマス会は「音楽のプレゼント交換」をします。ピアノのソロ、連弾、合奏のどれかに出ていただき、お互いに演奏をプレゼントしましょう。どうぞご予定ください。

 なお、クリスマス会は「ピアノのへや」の生徒さんが対象です。「こびとのへや」の生徒さんは
ピアノを弾くようになってからご参加ください。 
 子どもたちの思い出に残る時間になれば幸いです。


Copyright© 2011-2019 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com