ピアノ先生ブログ

1月28日レッスンの様子

2016-01-28

1年生のAちゃんとKちゃん、二人とも小さな手でだいぶしっかりと鍵盤を押さえられるようになってきました。そして一生けんめい私の話を聞いてやろうとしてくれます。ほんとに健気で可愛いです^ ^二人とも、ソルフェージュを始めました。楽譜に強くなってどんどんいろんな曲が弾けるように、なって欲しいです。

4年生のAちゃんが今日は二人。たまたま二人ともAちゃんです。最初のAちゃんの今日のポイントは指使い。和音の指使いを覚えればもっとすらすら。次のAちゃんは今日から始めた連弾がいい感じ。きっと素敵に歌えるようになるでしょう。他の生徒さんにも何人か連弾が良さそう。

3年生のG君。今日も一生けんめいだけど、ちょっとつかみにくいところもあって苦戦したもよう。半年間がんばってきたのでちょっとテキストを離れて、学校のリコーダーの曲を伴奏つけて弾いてみることに。

 6年生のT君。ちゃんと練習してきているのに、しもやけが痒くて集中できません。私も経験があるからよくわかります。(しもやけは熱いお湯にショウガをすりおろして入れ、足し湯しながらしばらくつけてから紫雲膏を塗りこんだら治ります。)出だしが特にリズムに乗り切れません。最初からエンジンがかかって、波に乗って弾けるにはどうしたらいいかなぁ。私も一緒に考えてみるね。


1月27日レッスンの様子

2016-01-27

1年生のAちゃん。今日もいい調子です。宿題は全部合格、新しい曲もひと通り弾けました^ ^でもちょっとおしゃべりが多いかな。おしゃべりしてくれるのも気を許してくれている証拠、と受け止めましょう。

4年生のSちゃんはインフルエンザでお休みです。

5年生のNちゃん。今日の曲はとってとNちゃんらしくしっとりと弾けました。そろそろ発表会の曲を決めていきましょうね。

3年生のHちゃん。お手製の鬼のお面をつけて登場です。今日も一生懸命弾いてこられましたが、速いパッセージの指がくっついてお団子になるところは練習が必要。パラパラのチャーハンみたいになるようにがんばってみてね。

同じく3年生のT君。今週は忙しかったそうでちょっと練習不足。こんな時は目標になる曲を聴いてもらうのが一番。前から弾きたがっていた曲を見せて弾いてみました。やっぱり、食らいつき方が違います。来週が楽しみです^ ^

5年生のMちゃん。今日は指使いバッチリでハノンもソナチネも合格でした。といっても隔週で来ているので進歩がゆっくりです。発表会の曲も早めにしたいとのことで今日、お渡しました。卒業式の合奏の伴奏にも挑むとか。やる気に拍手パチパチパチ


1月26日レッスンの様子

2016-01-26

今日の最初は「こびとのへや」。火曜日は年中さんの男の子3人〜S君、A君、もう一人のS君です。月に2回のクラスで同じ月にはほぼ同じプログラムなのですが、やはり2回目の今日は前回よりも上手です。この年頃は月齢の差もあって個人差が大きいのですが、それぞれが前回より進歩されていて素晴らしいです。

今朝もお母様方と楽譜講座をしたのですが、3年生くらいからは楽譜をもう一度きっちりおさらいする必要があります。小さい頃は感覚で弾いてこられてもなんとかなりますが、3年生くらいから、そろそろ楽譜が分からないと先に進めなくなります。耳で聴いて音が取れるのも素晴らしいのですが、この年頃にもう一度楽譜を押さえておくと後々自分で音楽と付き合う基礎ができます。お子さんのために学びに来てくださるお母様たちに感謝します。

というわけで、今日はAちゃん、Kちゃん、N君、と3年生が3人続きました。始めた時期も楽譜の理解度もそれぞれで、やはり一人一人のペースで進歩してこられているのが分かります。伸びる時期も人それぞれ。ある日何かのきっかけでぐんと伸びることもあります。みんな何らかのきっかけを掴んで伸びていって欲しいです。

最後は6年生のS君。忙しい中、今週も頑張りました。小学校生活も秒読みに入り、ある種の覚悟がみえます。再来週辺りに小学校の記念演奏を録画することにしました。


1月25日レッスンの様子

2016-01-25

月曜日の最初は「こびとのへや」。今日は年長さんのIちゃんと、弟で3才のK君、年中さんのYちゃんとS君でした。先週やったことが彼らの中にすうっと入っていて感激。ピアノを使った楽器遊びも確実に進化しました。今の段階ではまた「遊び」。特に宿題にもしていませんが「お家でやった〜」と嬉しい声が。

2年生のAちゃん。少しずつ理解が進んでいます。楽譜の音の高低はピアノでは左右になるし、右手と左手は違うことを弾かなくちゃならないし、ピアノってコツが飲み込めるまでは難しいと思います。コツが掴めたら、ある日さーっと繋がる気がします。

5年生のSちゃん。この頃弾きたい曲が多くて、レッスンの合間や終わってからのちょっとしたすきま時間にも弾かずにはいられません。彼女の中にはずっと音楽が流れているのでしょう。私も中学生の頃、授業中でも鼻歌を歌い、通学の電車の中でもカバンの上でピアノを弾いていたことを思い出しました。そうせずにはおれなかったのです。

3年生のK君。弾きたい曲なら難しくても挑戦してきたので、楽譜はだいたい分かっていると思いきや、今日は?な場面も。今のうちに楽譜をしっかり理解しておきましょう。来週をお楽しみに。


1月23日レッスンの様子

2016-01-23

1年生のHちゃん。今日もよくおけいこしてこられました。特に驚いたのが同じ音が連続して出てくる時の弾き方。ピアノで同じ音を続けて弾くとどうしてもチョンチョンちょん切れてしまいがちなのに、Hちゃんはとてもきれいな響きで2つの音を歌うように弾きあげました。素晴らしい✨

4年生のAちゃん。冬休みのお楽しみの曲、リズムを少し易しくしたら音楽が流れ出しました。難しいリズムを弾くことよりも音楽が流れる方が大事。今度から私との連弾もやってみましょう。

3年生のYちゃん。よくおけいこして、冬休みのお楽しみの曲、とても楽しそうに弾けるようになって合格です。コードネームがだいぶ分かったようですね。

今日のプレピアノクラスは年長のS君とAちゃんの2人。5人の時よりいくぶん緊張しているのか、最後はちょっとお疲れモードだったので、ちゃんとロウソクをつけてお話(素話)をしました。今月のお話は「かさじぞう」。「知ってる~」と言いながら目を見開いて聞いてくれました。

中学1年生のAちゃん。お楽しみの曲、あとは自分でお家で楽しんで、また基礎練習に戻ります。16世紀ごろ、鍵盤楽器ができた頃の楽曲を集めた本〜ピュイグロジェ教本〜より抜粋でやっていきましょう。発表会で素敵な曲を弾くためにもね。

午後からは中学1年生のKちゃん。4年生からブランクがあったけど、もう一度ピアノが弾きたいと自分の意志で戻ってきてくれただけあってやる気満々です。粗削りだけど、とてもKちゃんらしい演奏を聞かせてくれました。この調子で磨いていけば素敵な音楽が聞こえてきそうです。

 


Copyright© 2011-2021 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com