ピアノ先生ブログ

ライアの弾き語り~「5,6才若返ったわ」

2016-09-27

地域の催しでライアの弾き語りをしてきました💖リコーダー名人の友人にも手伝っていただきました。
町内会長さんのご提案で地域のお一人暮しのお年寄りと働き盛り世代、そして子どもたちの3世代交流という意図でした。おなじみの曲を何曲か聴いていただいた後、懐かしの唱歌を皆さんと歌いました。皆さん大きな声で気持ちよく歌ってくださり、楽しい会になりました(^。^)
「久しぶりに歌ったわ」とか「今日はみんな5〜6才若返ったよ」と言っていただき、嬉しかったです(^O^)14391017_1021620184613839_8624229620378520440_n14495472_1021620371280487_6784876061103438657_n14445979_1021642117944979_5127580186981926954_n14368747_1021648341277690_9139202767896022069_n


10月のお便りから

2016-09-27

14361398_1018975538211637_4818939255181460071_o8月の末、カナダのイエローナイフという町にオーロラを見に行ってきました。
なんと、現地では珍しいという虹が3日間とも現れて、私たちを祝福してくれました!そしてもちろん、お目当てのオーロラも3日間とも、しかもどんどんたくさん現れてくれて、天空をゆらゆらと舞ってくれました!
最後の日のフィナーレは、天頂に現れたオーロラが360度私たちを包み込むように降りてきて、
「愛しているよ。大丈夫だよ。」という大宇宙(神様)のメッセージを感じました。今でも夢のような、忘れられない体験でした。
こんな大宇宙から見れば、私たちの日々の営みはほんのささやかなものかもしれません。くよくよするヒマがあったら、大空を見上げて、この美しい星に生かされていることを感じてみましょう。
自然と感謝の気持ちが溢れてきせんか?
子どもを育てるという大事なお仕事を授かった私たち。子どもたちは実は、お母さんお父さんを幸せにするために生まれてきてくれたそうです。一見、試練のように思えても、それは親たちが成長するために用意されたギフトなんですって。
そう考えられたら、目の前の子どもが何をしようと有難いと思えてきませんか?


夏休みが終わったら

2016-08-03

13925351_943585135750678_3872187709181989618_n夏休みも子どもたち、元気に通ってきてくれています。でも夏休みはちょっと子どもたち、様子が違います。一番わかりやすいのは女の子たち、お爪がキレイ今どきの子はおしゃれですね?!負けてはいられません。どの子ものびのびしているのですが、夏休みだからのんびりするのかと思いきや、いつもより練習してくる生徒さんが少なからずいるのです。素晴らしいですね(^。^)
さて、夏休みが終わったら、お母さんたちにはほっとひと息ですね。私も経験してきたので分かります。そこで9月13日(火)に、お茶会をしたいと思います。今回のテーマは「耳を開く」です。音楽を演奏するのに不可欠な、「耳」を良くするためのマル秘ワザをご紹介します。レッスンで子どもたちにやっている方法です。どうぞお楽しみに。
残りの夏休み、お元気でお過ごしください。


イタリアの旅ご報告

2016-07-20

先月はお休みをいただき、イタリアに行かせていただきました。この旅は、とあるコンサートツアー同行の旅でした。イタリアに25年住んでおられたオペラ歌手で『銀河の歌姫』の異名を持つ倉原佳子さんの呼びかけで集まった4人のアーティスト~倉原さん、今年の発表会のゲスト、ライアの池末みゆき先生、ご夫婦で熊野に海の見えるカフェ『天女座』を営むミュージシャン、矢吹紫帆さん矢中鷹光さんのツアーです。日伊国交150周年にちなんでサンジェミニという町で催された「文化の祭り」、熊野市とソレント市が姉妹都市ということで開かれたコンサートを始め、様々な教会や野外ステージが用意されており、私はスタッフとしてお手伝いもさせていただきました。イタリアの人々は気さくで、どの町でも日本びいきの方々に声をかけられました。現地で日本の禅などの文化を学んでいる人たちもいて、ちょっとしたカルチャーショックでした。食べ物は美味しかったけれど、何日かするとやはり日本食が恋しくなりました。

この旅のご縁で、来年の発表会に『天女座』のお二人にゲストに来ていただこうと計画中です。NHKの「美の回廊」の音楽も担当された矢吹紫帆さんは、主にシンセサイザーで自作の曲を演奏されます。素晴らしい感性の持ち主で即興もお手のもの。お客さんからお題をもらって即興で演奏されるのが毎回大好評でした。また、着物風の素敵な衣装で和風マジックや獅子舞までこなされるマルチミュージシャンです。矢中鷹光さんはオリジナルの楽器を弾きながら独特のハイヴォイスで即興で歌ったり、ほら貝を吹かれたり。紫帆さん作の歌も聴かせてくれます。お二人は世界各国を旅してこられていて、どの国でも感動の渦を巻きおこしておられます。

HP「くまの天女座」http://www.tennyoza.com/

イタリア道中ですっかり仲よくなり、この度出演をお願いしている次第です。お忙しいお二人なのでまだ確定ではありませんが、どうぞご期待ください。

紫帆さんも子どもの頃にピアノを習われており、試行錯誤の末、今のお仕事に行きつかれました。

ピアノは音楽の世界の入口です。ここから無限の可能性が生まれます。その1つの好例としてお呼びできればと思っています。

皆さんも夏休み、いろんな出逢いがあることでしょう。どんな出逢いも奇跡だと思います。ご縁を大切に夏の日々を楽しくお過ごしください^^

IMG_1720 IMG_1696 IMG_1611 IMG_1531 IMG_1534 2016.06.25 サンジェミニ第2日52 IMG_1693


はじめてであうピアノのほん

2016-07-12

13255982_902267619882430_8199406301447375491_n楽譜絵本「ピアノでうたう こどものうた」は、子どもが初めて出会うピアノの本として作りました。音符が読めなくても、鍵盤の図のところに指を乗せ、指番号のとおり弾くだけでわらべうたが簡単に弾けます。指番号と音符の棒が上向きは右手、下向きは左手、といった最低限のルールだけ分かれば、子どもが鍵盤から歌を生み出せる喜びを味わえる本です。 30年にわたり子どもにピアノを教えてきた経験から作りました。絵もとしくらえみさんという素晴らしい方にお願いして美しく、子どものファンタジーが膨らむ装丁です。ただ編集作業は初心者で、落丁が目立つところもありますので、消費税はいただかず、1冊1500円税込で販売いたします。5冊以上は送料無料です。ご希望の方はお問い合わせ欄からメールにてご連絡ください。


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com