「音」+「心」は?

2015-04-17

ピアノを演奏するということは、音を通してその曲の背後にある「スピリット」を表現することだ。それを子どもたちにどう伝えるか。「スピリット」という言葉はそのままでは意味が伝わらない。ふさわしい日本語も思いつかない。それで今はとりあえず、「心」としている。先日のレッスンより・・・
私;「○○ちゃんは○○ちゃんの身体だけじゃないよね?○○ちゃんの顔とか手とか足とか髪の毛とか心臓とか、それだけじゃ○○ちゃんじゃないよね?」
子ども、「?」。
私;「○○ちゃんは身体とこころ、で○○ちゃんだよね?嬉しいとか悲しいとか、お母さんお父さんが大好きとか、そんな気持ちを持つ心と身体を合わせて○○ちゃんでしょ?」
子ども「!」。
私;音楽の「身体」は楽譜に書いてある「音」。でも楽譜どおり「音」を並べただけでは音楽にならないんだよ。「音」+「心」で「音楽」なんだ。
子ども;書いとく。(といって楽譜の隅に「音」+「心」=「音楽」と書く。)
・・・こんなふうに話している。大切なことが伝わるといいな♡



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com