3月3日レッスンの様子

2016-03-04

人に何かを教えていると、自分も新たな発見することがよくあります。自分が何気なくやっていることを人に伝えようとすると、まず言葉を選び、どうなっているか考え、といった作業が必要です。

昨日もそんなことがありました。6年生のT君にモーツァルトの「トルコ行進曲」のレッスンをしている時のことです。冒頭のモチーフがなんだか重いので、この部分の「あらすじ」を考えてみました。あらすじ、というのは文字通り、メロディの中心にある大事な音のことです。すると、イ短調の主和音(ラドミ)が浮かび上がってきたのです!これまで何気なく弾いてきたこの曲が、骨だけみるとラドミの音楽だったとは?!レッスンしながら自分で感激していました(笑)

これだからレッスンは面白いんです。



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com