北条小学校の学習発表会

2011-11-18

 今日は校区の豊中市立北条小学校の学習発表会を見に行った。
我が家の娘二人がお世話になった学校。体育館も、体育館脇のPTA室も懐かしく見ながら、
久々に足を踏み入れた。
 2年生の劇は一生懸命の姿が可愛らしく、時代が変わっても2年生らしさは変わらないなあと思った。4年生の音楽劇「ごんぎつね」は、うちの生徒さんたちが活躍していて微笑ましかった。また劇中の音楽をテープでなく、児童たちの生演奏~歌とピアノ・リコーダー・ボディパーカッション~で表現していたのがよかった。指導しているのは私の友人T先生。さすがだ。
 そして6年生の音楽発表。運動会の組体操であの感動をくれたメンバーの演奏は、期待どおりの熱演だった。みんな楽しそうに演奏していたのがよかった。合奏で電子楽器を使うと
アコースティック(生の)楽器が聞こえなかったりすることがよくあるが、そんなこともなく、いいバランスだった。
 願わくばもう少し音楽の発表の機会が増えて欲しいと思う。毎年合唱・合奏を積み重ねるとまた違うからだ。「お互いに聴き合う」練習は音楽の授業のみならず、人間同士の関係に大切なことだ。私が「きららの森の学校」の小学生クラスでやっているのがこれ、つまり
「お互いに聴き合う」練習なんだ、と改めて自覚した。



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com