ヴィオラの調整

2014-03-01

今日は、豊中の曽根にある絃楽器工房「セレーノ」さんに

ヴィオラの調性と弦の張替えをお願いしました。

ここのマイスター、藤井さんはまさに職人気質で、

ジブリの映画「耳をすませば」に出てくる主人公の彼のような方。

看板も出さない工房で、もくもくと弦楽器を作っておられます。

前に弓の張替えをお願いしたことがあり、

そのお仕事ぶりにマイスター的なものを感じたので、

今回も迷いなくお願いしました。

古いヴィオラがマイスターの調整を受け、

新しい弦を張ってもらって見事に蘇りました!!

ますます弾くのが楽しみ^^



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com