Author Archive

『ムジカノーヴァ』2022年2月号発売

2022-01-20

 私が記事を書かせていただいた月刊誌『ムジカノーヴァ』、本日(1月20日)発売です。

 子どもの頃、ピアノの先生のレッスン室に置いてあった『ムジカノーヴァ』。

高校生の時に子安美知子さんの記事を読んでシュタイナーに興味が湧いたのがきっかけで、今の私があります。

40年後に、その雑誌に記事を載せていただいているご縁💖

これまでに私を導いてくれた全てのご縁に感謝しかありません。

子どもたちが音楽と幸せな出逢いをしてくれるよう、ますます精進したいと思います。

今後ともご指導よろしくお願いします

#ムジカノーヴァ2022年2月号

#シュタイナー教育

#プレピアノレッスン


『ムジカノーヴァ』に掲載されます

2022-01-07

年の始めに「何時間やっても苦にならないことは」という質問に出会って考えてみたら、答えは 「ピアノのレッスン」でした。 好きなことを仕事にさせていただけているのは有難いことです。年々、子どもたちとレッスンするのが楽しくて大好きです。

そんな私の仕事が音楽之友社さんの目に留まり、今度ピアノの先生向けの月刊誌『ムジカノーヴァ』に記事を載せていただくことになりました。

タイトルは「シュタイナー教育からヒントを得た音楽導入のレッスン〜生きる根っこを育てる音楽教育」

子どもたちと創ってきた導入期のグループレッスンについて、まとめる機会をいただきました。

わらべうたや池末 みゆき先生に教わった季節のライゲン、 オーストリア出身の音楽家、バーバラ・スヴェティーナさんのThe Music Trainもご紹介しています。 1人でも多くの子どもたちが音楽と幸せな出逢いをして欲しい。 1人ひとりの心の中に音楽の火が灯れば、きっと世界は平和になるはず。

よかったらお手に取ってご覧ください。

2022年1月20日発売

#ムジカノーヴァ

#音楽之友社

#シュタイナー教育

#The Music Train

#2022年2月号

https://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/musicanova/


ミュージック・トレイン出発進行!

2020-08-07

 

先日ご縁のあった教材「The Music Train」がウィ―ンから届きました。

 音楽の仕組みを学ぶのに、これ以上楽しい教材を私は知りません。私もこれまでいろいろ手作りの教材を作ってきましたが、ウィーン生まれの音楽家バーバラさんの長年の研究の末に生まれたこの「音楽列車」には子どもたちの心を掴む工夫がちりばめられています。

 今週の始めからいろんな年齢の子どもたちとこれで「遊んで」いますが、どの子どもたちも楽しんでくれています。日本ではたぶん私が初めてのユーザーになります。

この教材を使えば音楽の仕組みを楽しく学び、また自分で音楽を作ることが簡単にできます。コロナが明けたらぜひ、グループレッスンで使ってみたいといろいろ想像を膨らませています。

子どもたちが音楽と幸せな出逢いをして欲しい

と願う私のポリシーにぴったりの教材です。

出逢いに感謝し、ますます楽しいレッスンを創っていきたいと思います。


2019年6月のお便りより

2019-06-12

赤ちゃんは生まれた時から歌を歌っています。ふにゃふにゃした喃語はまるで、歌のようです。幼い子どもは気がつくと、何かの言葉をメロディのように口ずさんでいたりします。  人間は本能的に歌うことを知っている 生物なのだと思います。子どもたちは習う前からすでに歌っています。  そんな子どもの生き生きとした感性を、そのまま伸ばしていきたい。これが私の原点です。 音符が読めてピアノの鍵盤に並べていくのが音楽ではありません。   この頃はレッスンの最初に「ピアノでおはなし」というのをやっています。生徒さんが3つの音を弾き、私が3つの音で答え、というのを交互にやって、終わりを見つけます。黒鍵だけを使うと誰でもできます。3才の子どもたちともやりました。これは音楽で会話ができるということを体感してもらうプログラムです。    先日、大学を出てから初めて、私がレッスンを受けたい先生に出逢いました。その先生はピアノから極上の音色を取り出す仕組みを教えてくださるのですが、その前提に「哲学」をお持ちでした。 「音楽(musica)とは宇宙(musica munndana)、生命(musica humana)、形(musica instrumentalis)をリズム、メロディ、ハーモニーを使って波動に変換する芸術である」  そしてレッスンする人の心得として  ① 目の前の人の心を理解する。 ② 目の前の人の幸せを考える。 ③ 世界で一番学ぶべき人間は自分だと忘れるな!! と教えてくださいました。 こんな師に出逢うことができてラッキーです。私自身がもう一度学びを深め、生徒さんたちに還元していきたいと思います。 音楽は楽しくなくっちゃ!


2019年4月のお便りより

2019-06-12

【ゆっくり育つ】 人間は他の哺乳類に較べて成長が遅いですね。これには意味があるそうです。ゆっくり発達することで脳が細かく高度に分化し、その構造を複雑化するので独自の能力をもつことができるのだそうです。  人間はすぐに完成してしまわないようにできています。思考・感情・行動の動きの最終パターンをすぐに脳に刻み込まないようにできているために、きわめて複雑な能力を発達させ、一生を通じて新しい、より大きな脳力を獲得していくことができるのだそうです。  つまり、「ゆっくり」ということは子どもの成長に欠かせない要素なのです。子どもが新しい能力を身につける初期の段階では、脳の新しい回路の繋がりが弱く、その状態はその新しい能力が定着する、つまり子どもが学んだことを自在に扱えるだけの構造が脳にできあがるまでは、「ゆっくり」と「やさしく」が欠かせないそうです。 ~『限界を超える子どもたち』アナット・バニエル著より~    最近出会ったこの本は主に特別な支援を必要とする子どもたちへのアプローチが書かれていますが、健常な子どもの子育てにもヒントになることがたくさんあります。 ピアノを弾くという動作はまさに「脳に新しい回路を作る」行為です。そこでこのバニエル氏の考察が大いに参考になります。 また、子育て中に次のような時間を持っていたら、子育てがもっと楽しく、子どもといい関係になっていたことだろうと若干の後悔をもって思います。 子どもとただいっしょにいる ・1日に10分間、子どもとただいっしょにいる時間を作ります。 ・この10分間は課題を設けず、ふたりで「ゆっくり」の感覚にひたります。 ・この10分間は子どもがリーダーです。 スマホの電源を切り、パソコンから離れ、本を脇に置き、テレビを消します。料理も掃除も、子どもの世話もしません。安全を確保し、子どものしたいようにさせます。子どもがぶらぶらしているようなら、いっしょにぶらぶらします。 慣れないうちは難しいと思うかもしれませんが、すぐに満ち足りた気分になると思います。私たちは「ゆっくり」を行うように設計されているからです。 ~『限界を超える子どもたち』アナット・バニエル著より~ 新しい学期の始まりにあたり、ひとつ深呼吸 して、「ゆっくり」の大切さを思い起こしてみてはいかがでしょうか。


« Older Entries
Copyright© 2011-2022 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com