ドイツ・オーストリアの旅(その10)

2012-08-18

 シェーンブルン宮殿を堪能した後、いよいよウィーンの旧市街を散策。町をぐるっと一周する路面電車でひと回り。右にも左にも歴史ある建物が現れ、きょろきょろしてしまいます。
 次に目指したのはベートーヴェンが10年ほど住み、あの「エリーゼのために」を作曲した部屋、パスクァラティ・ハウス。ちょっとわかりにくい場所にあり、建物に入っても狭いらせん階段をぐるぐると5階まで上がったところにある。べートーヴェンの時代のピアノ、自筆の楽譜、肖像、ライフマスクなどが展示してある。街並みはきっと当時とそんなに変わらない。この階段を毎日上り降りしながら、ベートーヴェンは何を考えていたんだろう?ここであの名曲が生まれたこと、やっぱりこの床をホンモノのベートーヴェンが歩いていたこと、感無量でした。ベートーヴェンのピアノベートーヴェン・プレート
 それから、また路面電車に乗ってウィーン市立公園へ。ここにはいろんな楽聖の銅像が建っています。まずは子どもの頃からレコードのジャケットで見ていたヨハン・シュトラウスとツーショット!それからブルックナー、シューベルトと巡ります。記念館を訪れたベートーヴェンとモーツァルトさんは割愛させていただいて。それでもけっこう歩きました。ヨハン・シュトラウスブルックナーシューベルト
音楽の都、ウィーンのとどめはやはり、コンサート。あいにく主要ホールは8月はお休み。ホテルの人に、市庁舎前でフィルムコンサート・フェスティバルという、一流のコンサートを屋台で何か食べながらスクリーンで見れる催しを教えてもらって向かう途中、客引きのお兄さんに呼び止められました。モーツァルトとシュトラウス・プログラムのコンサートがまもなく始まる、場所はきらびやかなお城のホール、歌やバレエもある、カードも使える、とうまいこと言われ、やはり生がいいな、と申し込みました。観光客向けでどうだろう、と思って行ってみると、思った以上に素晴らしいコンサートで、いろいろお客を楽しませてくれ、満足でした。ウィーン・レジデンツオーケストラ、という団体でした。コンサート1コンサート2



コメント1件

  • かなえ | 2012.08.21 16:50

    すごいですね‼

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com