魂と心の洗濯

2013-06-08

今日は久々にコンサートへ。西宮の兵庫芸文で、「タリス・スコラーズ」という、

ルネサンスの教会音楽を中心に演奏するアカペラグループのコンサート。

第一声を聴いた途端、すうーっと勝手に涙が流れました。彼ら磨き抜かれた声は

どんな楽器よりも素晴らしい。1曲1曲が魂に染み渡り、まるで魂の洗濯を

しているようでした。

そしてその後、今日から公開の映画、「奇跡のリンゴ」を見に行きました。

木村秋則さんの本は何冊か読んでいましたが、映像で見るとまた感ひときわ。

雪をいただいた岩木山と、久石譲さんの音楽をバックに繰り広げられるドラマが

実話に基づいたストーリーだなんて!こちらは心の洗濯。

コンサートでは思いがけず旧友(先輩たち)と再会してお茶もできたし、

帰りに買ったヘルシンキ・ベーカリーのパンが一口噛めば幸せ~の味だったし。

魂と心の洗濯をした一日でした。



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com