こびとのへや12月のお話

2014-12-02

12月のお話は「こびとのくつや」

毎年この季節になると、この楽しいお話を子どもたちに語っています。

このお話は私の大好きなお話なんです。

特に好きなのは次の2か所。

1.・・・そしてとうとう残ったのは、くつ1足分の皮だけになりました。けれどもくつやの夫婦は心のまっすぐな、よい人たちでしたから、

何事も神様のおぼしめしだろうと、その晩も安心して寝ることにしました

というところ。そしてラストの

2.・・・そしてそれっきり、こびとたちは2度と現れませんでした。けれどもくつやの店はますますはんじょうし、

生きているあいだ中、することなすこと何もかもうまくいきました。

というところです。

なんとも示唆に富むこのお話、いいじゃぁありませんか!



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com