2017年12月のお便りから

2017-11-21

【イメージを持ってから弾くこと】

最近、高学年の生徒さんたちに「絵を描くように」という話をしています。
絵を描く時、まっ白い紙にいきなり描きなぐる、なんてことは赤ちゃん以外はしませんね。まず何をどこにどんな色でどんな風に描こうか考えて描き始めます。

音楽は空間に音で絵を描くようなもの。いきなり何も考えずに音を出すのではなく、どんな音色でどんな速さでどんなイメージで音を出すか考えてから弾くことが大切、とお話しています。この視点で弾くと、確実にみんな弾き方が変わります。

まず、イメージを持って音を出す。これだけで確実に演奏が変わり、表現力がついてきます。
ぜひ取り組んでみてください^ ^

さて、今年もあと1か月になりました。
恒例のクリスマス会で締めくくりたいと思います。今年はいつものレッスン室で行うため、2部に分けることにしました。よろしくお願いします。



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2018 ピアノ教室「ピアノのへや・こびとのへや」 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com